パティシエ特製「幻の果実でつくったロールケーキ」はいかがでしょうか

 

湖畔のレストランあしみ のカフェメニュー、
パティシエ島本による「アドベリーロールケーキ」のご紹介です。

生地とクリームの中に幻の果実と呼ばれる特産品の“アドベリー”を練り込んだ、
地元高島ならではのロールケーキ。

もっちりとした生地に、ファンが多い島本の濃厚な生クリームと
アドベリーのほどよい酸味が相まって、思わずうっとり。

かわいらしい装飾にもこだわった、見た目にも華やかなスイーツと
窓の外に広がる美しい琵琶湖の景色で、特別なひとときをお過ごしください。

 

■ アドベリーロールケーキ         500円(税込)
■ アドベリーロールケーキのドリンクセット 770円(税込)

 

【アドベリーとは】

日本ではほとんど栽培されていないボイセンベリーを、
地元高島市の安曇川(あどがわ)町が、町おこしのために栽培し、
特産品として【アドベリー】と名付けました。
アドベリーは収穫時期が短く、日持ちもしないため、
市場にめったに流通しないことから、幻の果実と呼ばれています。

パティシエ 島本 享
25年にわたりホテルのデザートを担当。
濃厚なクリームは評判で長年多くのファンに親しまれています。